愛知県東海市のパーソナルジムバグース

牛乳って良いの?悪いの?

2021.09.26

こんにちは!

 

 

Personal GYM BAGUSです!

 

 

 

学校の給食でご飯とセットでついてくる牛乳。

 

 

カルシウム摂れて骨太になるぞ!

タンパク質も摂れるし!

 

 

 

・・・・実はそんなことなかったりします(・・;)

 

 

 

 

まず1つはカルシウムです!

 

 

確かに牛乳にはカルシウムが豊富です!

 

 

 

ただ!!

 

 

 

このカルシウムが多すぎるということに問題があるんですね!

 

 

本来骨を強くするには、カルシウムだけではなく、

マグネシウムやリンといったミネラルを一緒に摂らないといけません。

 

ですが、牛乳にはマグネシウムがカルシウムの10分の1ぐらいしかはいっていません。

尚且つ、牛乳に含まれているリンとタンパク質はカルシウムを逆に失わせる効果があり、

牛乳をたくさん飲んだ方が骨が脆くなるんです。

 

 

そして2つ目!

 

 

牛乳に含まれるタンパク質の種類です!

 

タンパク質は摂った方が良い栄養ではあります。

ですが、牛乳に含まれるタンパク質の8〜9割がカゼインという種類です。

 

このカゼインという種類のタンパク質は、人間の体では消化しづらく、

粘性が高いため、小腸張り付き炎症を起こす恐れがあります。

 

そしてカゼインによって腸が損傷し、酷い場合だと腸に穴が空いてしまいます(T-T)

 

腸内環境の悪化にもなるので、消化吸収の低下や睡眠の質の低下にもつながります。

 

そして、カゼインはガンの形成・増殖のどの過程においても作用します。

 

 

 

そして3つ目!

 

 

そもそも日本人の体質に合わない!

 

牛乳には乳糖(ラクトース)というと糖質があります。

 

この乳糖(ラクトース)はラクターゼという分解酵素によって分解されて吸収されるのですが、

日本人は体内でラクターゼを作ることができない人が3〜4割います。

 

 

乳糖(ラクトース)を分解できない人は、吸収できずに腸に溜まり、

お腹がゴロゴロしたり下痢になったります。

 

これを乳糖不耐症と言います。

 

 

 

 

ちょっとややこしい話が多かったのでまとめると、

 

・カルシウム多すぎて体のバランスが崩れる

・タンパク質の種類が悪く腸に良くなく発がん性リスク

・そもそも日本人の体質に合わない人が多い

 

簡潔にまとめるとこういった内容です!

 

 

 

個人的には牛乳より豆乳をお勧めします!

しかも無調整の豆乳ですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無料体験・カウンセリング随時受付中です!

 

 

 

 

少しでも気になった方は是非お問い合わせください!

 

 

 

 

 

公式LINEからのお問い合わせも大歓迎です!

 

 

 

★ウェアやタオルの使用は無料でご利用いただけます。

 

☆飲み物もございますで手ぶらで気軽にお越しください!

 

★個室・予約制の新築で綺麗なプライベート空間です

 

☆駐車場完備

 

★ベビーサークル完備

 

☆お子様連れでも通えるパーソナルジム

 

★フォトブース付きで簡易フォトスタジオ

 

☆プロ仕様の機材で撮影します

 

★お子様の可愛い瞬間を記念に残しましょう!

 

☆フォトスタジオの代わりにもご利用いただけます!

 

★家族写真も撮れます

 

☆大高イオンから車で10分かからず来れます(^_^)

 

★知多市、常滑市、大府市からも大歓迎です!

 

☆名古屋市の南区や緑区の方も近いです

 

★名古屋市からすぐの東海市のパーソナルジム

keyboard_arrow_up